さてさて、N-COOPERの作成は続いています。

DSC_1283
このN-COOPERはモーターライズの上に、ヘッドライトにムギ球を搭載させる事が出来ます。
プラモデルを本気で作るリハビリとして、無くてはならないギミックであるのでそれに必要なパーツを購入してきました。
写真左下に映るコードが標準添付されていたのですが、30年近く経っている上にコードのスケア(線径)が細過ぎるので強化の意味も兼ねて買ってきたんですよ(^-^;
モーターはミニ四駆の余りでストックしてあったノーマルFA-130です。 青エンドベルですが、気にせずに(^-^;

DSC_1284
モーターライズで走らせる事を前提としているので、電気系統はただ単にコードを捩って固定ではなくしっかりと半田付けを施しました。
しかし・・・スイッチ製作は良いんですけど部品が細かい細かい・・・・゚・(つД`)・゚・

DSC_1286
スイッチ金具の間に回転式接点を取り付けて蓋をする・・・という構造なのですが、ピンセット必須です!
とにかく細かい細かい・・・。 ああ、早くルーペ買ってこないと・・・・゚・(つД`)・゚・
ただでさえ細かい作業で目が付いていかなくなってきているので大変です(´;ω;`)

DSC_1290
・・・と、パーツの購入のついでにガチャポンの「モトコンポ」でしばし休憩・・・。
早く進めろ!!ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ

DSC_1295
・・・んで一番悩んだのがボディの色でした。
先日の「柏崎模型展示会」にて模型電動士師匠以下数名の方に、N-COOPERのボディは何色が良いですかね?と質問したのですが、皆さん凄く悩んで答えが出ませんでした(^-^;
私は「青竹色」で塗ろうとしましたが、「ん~、まぁちょっと元祖ミニクーパーになるけど、青でいいや」・・・と青を塗ってみました。

そんな色々と塗装なり修正なりで慣れない不手際が多い中で製作は続いているのですが、大問題が発生しました(゜д゜)

DSC_1298
先日記事にした「タミヤのマーカーペン塗り」でしたが、乾燥させても手にべたつくわエナメル塗料の重ね塗りの相性が最悪でグズグズになってしまいました・゚・(つД`)・゚・
おかしいなぁ? 約20年前ならいけたはずだったのに???

・・・という情けないオチですが、製作は続きます(^-^;